現代妖怪 > かしまさん

かしまさんとは、足もしくは体の一部を欠損した幽霊にまつわる都市伝説。

夜寝ていると足のない女性の幽霊「かしまさん」が現れ、こう聞いてくるそうです。
「足いるか?」
この時「いらない」と答えると、足をもぎ取られてしまい助かるには「かしまさん」と三回唱えるそうです。
そしてこの話を聞くと3日以内にかしまさんが出るので、くれぐれもこの助かる方法を忘れないように...。

これは無数にあるかしまさんの話の中でも、最もシンプルなものですが「かしまさん」という話の要点が凝縮されている内容となっています。

1. まず体の一部を失った幽霊が夜現れる。これは女性というパターンが多いのですが、男性の兵隊というパターンも存在します。失っている体の部位は、どちらかの足または両足というものが圧倒的に多く、腕は少数のようです。中には「手足と頭がない胴体のみ」という強烈なものもあるようです。現れる場所も夜寝ている時(夢の中でという場合も)、または夜中トイレに行ったとき、夜中の学校のトイレ...というパターンが多く見受けられます。名前は「かしまさん」という場合が多いですが「カシマレイコ」や「仮死魔霊子」のようなフルネーム(?)の場合もよく見受けられます。逆に名前が無い場合も。

2. 次にこの幽霊は質問をしてきます。「足いるか?」というパターンが多く見受けられますが「私の足はどこですか?」という場合もあります。また「右足いるか?」と聞き「いる」と答えたら「左足いるか?」「右腕いるか?」と四肢を順番に聞いてくるというパターンもあります。さらに「私を知っているか?」や、「私の足はどこですか?」の質問に答えたあと「誰から聞いた?」と聞く事もあるようです。

3.そしてこの質問の答えを間違うと、四肢のいずれか(前述の質問のとおり足が最も多い)を引きちぎられるとされています(とりつかれる、不幸に見舞われるといったものもあり)。質問に答えなければならないパターンでは、「足いるか?」との質問には「いる」(まれにいらないと答えなければならないとするパターンも)、「私を知っているか?」や「誰から聞いた?」との質問では「かしまさんです」もしくは「かは仮面の仮、しは死人の死、まは悪魔の魔の仮死魔さんです」、そしてまれにですが「田中(さん)に聞いた」というパターン。「私の足はどこですか?」との質問では「名神高速道路です」と答えるというパターンが見受けられます。また質問に答えず特定の言葉を言わなければならないパターンでは、「かしまさん」と3回唱えるというものが最も多いようですが、「かは仮面の仮、しは死人の死、まは悪魔の魔」と前述の質問の回答を元としたと思われる物もあります。

4.最後にほとんどのパターンで見られるのが、「この話を聞くと一定時間以内にかしまさんがやってくる」というものです。期間は3日以内というものが最も多いのですが、1週間以内や24時間以内というパターンもあるようです。またこの期間内に一定数の人間に話を聞かせると、かしまさんはやってこないというチェーンメールのようなパターンもあるようです。

この基本要素に「かしまさん」自体のエピソードが加わり、さらに複数のパターンとなっているようです。以下に一例を記したいと思います。

「戦争中に空襲の爆弾(原爆という場合も)によって、下半身が吹き飛ばされた女性(または兵隊)が上半身だけで絶命するまでしばらく這い回っていた。この女性は死後も自分の足を求めさまよっているらしい。」というパターン。兵士の場合では戦地にてという場合もあるようです。

「第2次世界大戦直後の日本のとある街で、若い女性が数人の米兵に暴行されてしまう。さらに米兵は苦しみながら死んでいくのを楽しむため、両腕・両足に銃弾を撃ち道路上に放置したまま立ち去る。女性は両腕・両足切断という代償と引き換えに一命を取り留めるが、変わり果てた自分に耐え切れず、線路の近くを通った際に車椅子を倒し列車に身を投げてしまう。」というパターン。男性郵便局員が理不尽に撃たれて...という場合も。

「北海道のとある街で真冬に踏み切り事故が発生した。この時事故で下半身を切断してしまった女性は、あまりの寒さのため血管が収縮し出血が抑えられた事で事故後しばらく生きており、絶命するまで上半身だけで這い回り、無くなった下半身を探していたという。」といった前述の爆弾によって...という話を現代風にアレンジしたと思われるパターン。鉄道事故の他、車による交通事故のパターンもあるようです。


この都市伝説に関する情報・エピソードをお待ちしております。投稿は掲示板投稿フォームで。

都市伝説ジャンル

Site Info